★★★ Garnet VM の日本語化ツール ★★★
GVM ROM TOOL V1.00 リリース 2008.06.22

↑クリックするとグレートな画像が
ALP(ACCESS Linux Platform)上のPalmOS実行環境であるGVM(Garnet VM)
日本のPalm愛好家達から、数多くの要望が出ているにも関わらず
現時点では、開発元のACCESSさんから日本語版のリリースは有りません、
また、将来必ずリリースして頂けるという確約も有りません
ボクはこの半年ほど、ユーザサイドでGVMを日本語化する事は可能なのか?
その実現方法を模索してきました、そして試行錯誤の結果、
ROMを偽造するという手法で、日本語化に成功いたしました
皆さん見てください、あの世からクリエが帰って来ましたよ


■GVM ROM TOOL とは

GVM ROM TOOL とは、Garnet OS Simulatorに含まれる日本語版ROMファイルと
GVMのオリジナル英語版ROMファイルをマージして、GVM用の日本語版ROMファイルを偽造するツールです

(ご注意)
「ミニーの資料室」で配布しますのは、本ツールのみです、現物(ROMファイルそのもの)は配布しておりません、
ROMファイルの偽造行為、およびその使用については、各自の自己責任とさせて頂きます

また、本ツールで日本語化されても、現在のところGVMがベータ版である為、日常使用に耐えうる安定度は有りません
GVM自体が、未だ研究・開発者向けのレベルである事もご理解ください


■準備をしましょう

★ 実機(Nokia Internet Tablet)を入手してください
ボクは既に N800N810 を持っております、GVMが無ければ絶対買わなかったマシンです(^^)
GVMの日本語化が出来た事で、今後、これらマシンの存在意義は大きくなりますね

N800です、OSはLinux系のmaemo OS2007プラットフォーム、 キーボード無しで一枚板マシン、WLAN,Bluetooth付き 日本の周波数帯とずれていますが、FMラジオも内蔵しています。 GVM Beta版が公開された直後、かれこれ半年前に入手しました N810です、コチラはmaemo OS2008プラットフォームです、 スライドキーボード付きマシン、WLAN,Bluetoothに加え、 良く知りませんが、GPSも内蔵されているとか・・・、 GVM日本語化の目処が立った、つい最近入手しました


★ SSHを使えるようにしましょう
PCと実機との間のファイルの受け渡しにはSSHを使用します

まずPC側にSSH Clientをインストールします
以下のページからWinSCPを入手し、PCへインストールしてください
http://www.tab2.jp/~winscp/

次に、Nokia Internet TabletにSSH Serverをインストールします
Nokia Internet Tabletの内蔵ブラウザから以下のURLを入力してください
http://maemo.org/downloads/OS2008/communications/
このページに有るOpenSSH serverをインストールしてください

緑色矢印アイコンをクリックするだけで、自動的にインストールが開始されます
インストールの最終段階で、rootのパスワードを何にするのか尋ねてきますので
適当なパスワードを入力してください

Nokia Internet Tablet側のIPアドレスは、以下の手順で確認できます
[Settings] - [Connection manager] を立ち上げて
メニューから [Internet Connection] - [IP address]

WinSCPを起動し、調べたIPアドレス、ユーザ名 root、先のパスワードを設定すれば接続OKです


★ Garnet OS Simulator用、日本語版ROMファイルを入手してください
ADN(ACCESS Developer Network)のページからGarnet OS Development Suiteをダウンロードし、PCへインストールしてください
このDevelopment Suiteに、Garnet OS Simulatorが含まれております
なお、ダウンロードするにはデベロッパ登録(無料)が必要です
http://www.accessdevnet.com/

【必要なファイルの名前】Simulator_Full_jpJP_Release.rom
【ファイルの有る場所】C:\Program Files\ACCESS\Garnet OS Development Suite\sdk-5r4\tools


★ GVM用、英語版ROMファイルを入手してください
ACCESS Garnet VM Beta 2 のページから、対応するGVMをダウンロードし、実機へインストールしてください
なお、下記のページでメアドを入力すれば、折り返しダウンロード手順の案内メールが届きます
http://www.access-company.com/products/gvm/
端末へインストール後、WinSCPを使い、必要なROMファイルをPCへ持ってきます

【必要なファイルの名前】LINUX_ARM_GVM_enUS_2X_Prod_Release.rom
【ファイルの有る場所】usr/bin/gvm

入手した2つのROMファイルは、PCの適当なフォルダにまとめてコピーしておいてください


■偽造ROM作成手順
GVM ROM TOOLは以下よりダウンロードし、適当なフォルダに解凍後 setup.exe を実行してください

GVM ROM TOOL V1.20のダウンロード(2635KB)
ご注意:CABファイルからexeだけ取り出すセットアップ方法は不可です


(手順1)
GVM ROM TOOLを起動します、先に準備しておいた2つのROMファイルを、ここへドラッグ&ドロップします
なお、このツールではドラッグ&ドロップするファイルの順番が有りますのでご注意ください


(手順2)
まず、Simulator_Full_jpJP_Release.romをドラッグ&ドロップしてください


(手順3)
次に、LINUX_ARM_GVM_enUS_2X_Prod_Release.romをドラッグ&ドロップしてください


(手順4)
2つとも「完了しました」の表示になりましたら、偽造作業は完了です


(手順5)
偽造作業が完了すれば、適当なフォルダ内には以下のファイルが生成されています

【作業後に生成されるファイル】
GVMJapan.rom
gvm.conf

上記2ファイルをWinSCPでNokia Internet Tabletへコピーしてください

【ファイルをコピーする場所】usr/bin/gvm

以上で作業完了です


■GVMアプリケーションラウンチャで起動する
偽造ROMファイルをコピー後、初回起動時には以下のエラーが出る場合があります
エラーを回避するには、RAM領域を一度フォーマットしてください(GVM Settings → Reformat storage)
本エラーは、2回目以降の起動時には出ませんのでご安心を・・・

GVMアプリケーションラウンチャ画面では、アイコン名が文字化けします
ここから何かアプリを選択すると、見慣れた PalmOS の画面が起動します

この PalmOS の画面は、明示的に終了させるか、致命的なエラーが発生するまで、システムに常駐します
例え、GVMアプリケーションラウンチャを終了させても、この PalmOS の画面は残っています


■スクリーンショット
お楽しみスクリーンショットです

標準ラウンチャ
こちらのアイコン名は全く正常です
アドレス
もちろん"よみがな"の入力可能
ソートはどうなんでしょう?(未確認)
予定表
日本語化は正常ですが良く落ちます
今後に期待

メモ帳
POBoxで入力してみました
POBoxの辞書はFTPインストール
ロケール情報
CurrentLocaleもSystemLocaleも
jpJPになっているのが確認できます
2バイト文字処理
インチキ日本語化では化けるこの辺り
上位下位の泣き別れも有りません

RescoExplorer(必須アプリ)
アプリによっては、通常の方法で
インスコ出来ないものが有ります
そんな場合はFTPからインストール
NNsi
Networkはホストプラットフォームの
接続がパススルーされます
キチンと動いてますよ>某所444さん
Japonica
スクロール速度、ちょっと遅いかな
68Kの方で処理されてるのかな?
でもキチンと動いてますよ>陰郎さん


■オマケの壁紙
オマケの壁紙を作ってみました、自作ロゴをセロテープで貼るより、お洒落でしょう(笑)
コッソリお使いください

オマケの壁紙ダウンロード(19KB)

エグゼブラック
チリレッド
カプリブルー
シエナオレンジ
フラミンゴピンク


■既知の問題点

★ 偽造ROMの問題点

・ホストプラットフォーム側の、GVMアプリケーションラウンチャでアイコン名が文字化けする
動作自体に支障はありません、これは偽造ROMと言うより、maemoプラットフォーム側の問題と思われます

・日本語シルク、日本語ソフトキーボード、標準日本語IMEの移植は不可能でした
偽造に必要な材料が足りませんでした

・フォントの品質がイマイチ
Simulatorのフォントそのままです、フルスクリーンモードで縦横150%に拡大されると更にイマイチです

・日本語IMEの問題、今のところ本命のATOKは動作しません
POBoxは何とか動作します、J-OS IMEは未検証です

★ Garnet VM 自体の問題点

・時々落ちる、特にサウンド関係の操作や、予定表を操作している時など
これはGVM自体が、まだベータ版なので仕方無い、と思うしかありません

・ボクが試してみた限り、多くの常駐型palmwareが動作しない模様です
GVMには「リセット」という概念が無いみたいです、いわゆるhackは動作しない模様です

・外部メモリカードがサポートされていない
Wdicで英辞郎を使いたいです、是非サポートをお願いします


■最後に
ALPを搭載したスマートフォンが、今後どのようなカタチでリリースされるのか?
それは現時点において、まだまだ未知数ではありますが、
今回のツール開発で得たノウハウは、近い将来、きっと役に立つとボクは考えております
※最初のALPマシンはSamsungのSGH-i800で、年末頃フランスのOrangeから出ると言われています

この場を借りてACCESSさんに一言申し上げるとすれば、
GVMの完成度について、ボクは正直言って、まだまだであると感じております
ALP開発完了のアナウンスから、ずいぶん月日が経過しております
GVM有ってのALPです、ここは開発チームの皆様に何とか頑張って頂きたいものです

日本のPalm愛好家達の悲願が、間も無く実現出来るかも知れません
どうか日本でPalmOSのスマートフォンが使える日が来ますように・・・
リアルからバーチャルへ、物語の第二章は既に始まっております



追記情報(2008/06/28)
ACCESSのGVM開発チームは、thoughtfix氏のインタビューの中で
・2008年内に次のバージョンをリリースする計画が有り
・ホストファイルシステムや、外部メモリカードへの対応が成される
といった趣旨の回答をしています
情報ソース
http://tabletblog.com/2008/06/few-words-with-access-company-about.html


追記情報(2008/11/30)
Garnet VM Beta3 リリースに伴いまして、GVM ROM TOOL のバージョンアップ(V1.10)を行いました

★ Beta3で改善された部分

・前バージョンでは、サウンド関係の操作や、予定表を操作している時など良く落ちておりましたが、
Beta3では、常用も可能と思われるくらい、ほとんど落ちなくなりました
まぁ、100%落ちないという訳では有りませんが…

★ Beta3で別の不具合らしきもの

・DALauncherなど、いわゆる常駐モノの挙動が若干おかしいような気がします
VMを起動する度に「常駐解除」→「常駐」と操作してやらないと、見事に落ちる事がありました

★ Beta3で未対応のもの
       ☆ チン 〃  ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < 外部メモリカード対応まだ〜?
            \_/⊂ ⊂_ )    \_____________


追記情報(2009/04/11)
GVMで外部メモリカードが使える裏技がありました
ミニーの独り言 (´○`)はぁ〜
GVMで外部メモリカードを使う裏技


追記情報(2009/05/31)
Garnet VM Beta4 リリースに伴いまして、GVM ROM TOOL のバージョンアップ(V1.20)を行いました

★ Beta4で改善された部分

・ACCESSさんのページには以下の記述が有ります

Fixed issues:
Stability improvement(安定性改善)
Minor bug fixes(マイナーバグフィックス)

まず「安定性改善」については正直言って、前バージョンと比較して、変化が無いように思えますが・・・
やはり落ちる時は落ちてますよ。

次に「マイナーバグフィックス」ですが、何をフィックスしたのでしょうか?
例えば、[環境設定] - [一般] の画面で、システム音、アラーム音、ゲーム音の設定を変えた時に、
何かの拍子で「ブチッ」と音が途切れ、それ以降マシンを再起動するまで一切音が鳴らないバクはそのままですし、
DALauncherなど、いわゆる常駐モノの挙動が若干おかしいバグも直っていません

あと「PDF To Go」は動くようになりましたね。
まぁアプリの互換性については、もう少し時間を掛けてテストしてみましょう。


追記情報(2009/09/16)
GVMの動作デモ(動画)はコチラをご覧ください
http://mini.x0.com/2009/09/16/436/


■更新履歴
2008.06.22 GVM ROM TOOL V1.00 リリース
2008.11.30 GVM ROM TOOL V1.10 リリース --- Garnet VM Beta3に対応
2009.05.31 GVM ROM TOOL V1.20 リリース --- Garnet VM Beta4に対応


Copyright 2008. Mini's materials room. OSAKA JAPAN

[戻る]