Mini's webOS Localizer 2010.03.21

webOS 用の日本語ローカライザをリリースいたします
本ローカライザで、webOS標準アプリであるところの
Calendar、Tasks、Contacts、Memos、Clockを日本語化することが出来ます。
お楽しみスクリーンショットも多数掲載しましたよ〜


■はじめに
ここで公開します日本語ローカライザは 日本語化したwebOS用のものです
導入にあたっては、対応バージョンにご注意ください。

■導入方法
日本語ローカライザは、シェルスクリプトになっております、導入には novaterm をご使用ください。

【導入手順】

(1)novaterm のプロンプトから、以下の呪文を入力してください。

◆ webOS 2.1.2 の場合
cd tmp
wget http://mini.x0.com/webos/localize212.sh
sh localize212.sh


◆ webOS 2.1.0 の場合
cd tmp
wget http://mini.x0.com/webos/localize210.sh
sh localize210.sh


◆ webOS 2.0.1 の場合
cd tmp
wget http://mini.x0.com/webos/localize201.sh
sh localize201.sh


◆ webOS 1.4.5 の場合
cd tmp
wget http://mini.x0.com/webos/localize145.sh
sh localize145.sh


◆ webOS 1.4.1 の場合
cd tmp
wget http://mini.x0.com/webos/localize141.sh
sh localize141.sh


◆ webOS 1.4.0 の場合
cd tmp
wget http://mini.x0.com/webos/localize140.sh
sh localize140.sh


(2)後は自動で日本語ローカライズを導入してくれます
導入が終わりましたら、マシンをリブートして完了です。


【スクリプトの処理内容】

各アプリの resources フォルダー内に新たに ja_jp フォルダを作り必要なファイルをコピーします。

/usr/palm/frameworks/mojo/submissions/330/resources/ja_jp へ strings.json をコピーします。


【スクリプト実行時の様子】





お楽しみスクリーンショット

★ Calendar
日表示画面です
画面右上でアカウントが指定可能
予定はアカウントごとに色分けができます
週表示画面です
こちらもアカウントごとに色分け表示されます
 
月表示画面です
こちらは色分け無し
グレーの斜線で表示されます

予定の入力画面です
時刻、場所、繰り返し、リマインダ、
メモの入力ができます
時刻の設定画面です
開始、終了時刻を指定する、または
終日予定の指定ができます
繰り返し予定の設定メニューです
日単位、平日、週単位、カスタムなど
選択できます

カスタム繰り返し予定の入力画面です
繰り返し条件、間隔、期間
を設定します
繰り返し条件メニューです
様々な条件指定ができます
 
予定入力画面で、場所が入力された場合
GoogleMapsで場所を表示させたり、
経路検索ができます


★ Tasks
タスクメイン画面です
グループ分されたリストが表示されます
画面右の表示は、期日が過ぎたマーク
グループ分けされたリストの詳細項目です
項目ごとに期日、優先度が指定できます
 
メニューでは期日を一括指定したり、
完了したタスクの表示方法や、
削除が実行できます

期日、または優先度で並べ替え可能です
 
 
詳細項目の入力画面です
優先度、所属するリスト、期日、ノート
など入力できます
期日の指定メニューです
とりあえず期日なしに設定することも可能
 


★ Contacts
コンタクトメイン画面です
名前は英字で入れた方が良いカモ
工夫が必要
人の詳細表示画面
電話番号、メアド、住所などは
個人と職場の両方入力可能
メニューでは短縮ダイヤルへの追加、
SIMカードへコピー、ラウンチャへ追加
などの機能があります

人の編集画面です
着信音の鳴り分け設定も可能
 
名前の詳細入力画面です
接頭辞とミドルネームは
日本人には不要ですね
短縮ダイヤル設定画面です
短縮ダイヤルは23個設定できます
 


★ Memos
メモ帳のメイン画面です
特に説明なし
 
メニューも日本語化されてます
 
 
メモの編集画面からメール送信が
出来たりします
 


★ Clock
クロックのメイン画面です
ロケールとリージョンを変えても
表示されない「曜日」も日本語表記です
アラームリスト画面です
目覚まし時計にお勧めです
 
アラーム設定画面です
サウンドにはmp3なども指定可能
 

アラーム動作設定メニューです
「週末のみ」というのが変わってますね
 
設定画面です
リンガスイッチがOFFでも鳴らせます
 



■あとがき
スマートフォンで一番大事なもの、それは手帳機能であるとボクは考えます。
今回、webOSで言うところの4大アプリを日本語化したのも、そういった考えからです。

旧PalmOSのユーザから見れば、webOSのPIMは動作が緩慢でイマイチなのは理解しております。
でも、これは昨今のLinuxベースのスマートフォンOS全般に見られる傾向であり、
その中でもwebOSのPIMは、かなり使い易く吟味されている方だと思います。

皆さんも「こりゃダメだ」とか「使い物にならない」という結論を出す前に、
一度お試しになっては如何でしょうか。


■更新履歴
2010.03.21版 初版リリース


Copyright 2010. Mini's materials room. OSAKA JAPAN

[戻る]